新築マンションに住みたい人のためのお役立ち情報

情報をいちはやく入手する

新築マンションに住みたい、そんな場合には少しでも早く情報を入手することがとても重要です。
当然のことながら、良い条件のマンションほど競争率も高くなります。つまり、条件が悪くなればなるほど売れ残ってしまうことになるので、余っている物件の中で選択しなくてはならなくなります。
新築マンションは、建設予定があらかじめわかっているので、完成予定前にその情報をいちはやく集めるようにします。情報は地域の不動産関連の店舗でも、インターネットサイトでも入手することが可能です。その際は、比較がしやすいようになるべく複数の店舗やサイトに登録しておくことをおすすめします。さらに、自らこまめに情報のチェックをしたいものです。

完成後のイメージを把握する

完成後の物件であれば、実際に外観や内装を見学することもできますが、完成前に契約するとなると完成後のマンションの明確なイメージを持つことは難しくなります。
とはいえ、完成してからの契約となると、条件の良いところは契約済みだった、ということになりかねません。
もし、同じ建設業者によって建てられているマンションがあれば、そのマンションでおおまかなイメージをつかんでみましょう。
住んでみてから、思ったより狭かった、イメージと違っていた、といった失敗をしないようにするためにも、図面をしっかり確認しておくことも大切です。とくに立面図、断面図があれば、全体の感じや部屋の大きさ、キッチンや浴室などの構造も把握しやすくなります。